大腸がんの治療を受けよう|早期回復の道しるべ

病棟

咽頭にできるがん

医者

咽頭がんはのどの部分にできるがんで、上咽頭、中咽頭、下咽頭の3種類のがんに分かれ、それぞれ異なった特徴があります。ウイルスや飲酒、喫煙で発病するといわれています。治療方法は放射線や化学療法がメインですが、それでも無理な場合は手術を行います。日常生活に欠かせない器官が多いため、術後は再建が行われます。

詳しくはコチラ

大腸悪性腫瘍の対策法

看護師

対策の種類

大腸がんに対する治療法は手術が中心で、がんの広がりの程度と患者さんの年齢や健康状態によって化学療法と放射線療法が組み合わせて用いられます。手術では癌組織と場合によって周囲の結腸又は直腸組織や近くのリンパ節の一部が摘除されます。検査に用いる内視鏡あるいは腹部の小さな孔から機器を挿入する腹腔鏡を使う方法と従来からの外科手術があります。化学療法は抗がん剤を用いる方法で、大腸がんに対してはフルオロウラシル・レボホリナートやオキサリプラチンなどが用いられます。これらの治療薬を静脈からの点滴や錠剤の服用で全身に投与する方法と、転移がんなどに対して局所の血管から投与する方法があります。放射線療法には外部から放射線を当てる方法と、体内から照射する方法があります。

対策の実際

がんが大腸の最も内側の粘膜かその下の粘膜下層にあるときには、内視鏡によってがんを除去して治療します。大腸がんが筋層から最も外側の漿膜を超えて近くの組織やリンパ節に転移が起こり始めている場合には、腹腔鏡や外科手術によって病巣が摘除されます。手術前にがんの大きさを減らしたり手術後の取り残したがん細胞を処理するために、化学療法と放射線療法が使われます。化学療法と放射線療法は手術ができないヒトに対してや、がんが腹膜・肝臓・肺・骨や卵巣などに転移しているときに症状を緩和する目的でもおこなわれます。大腸がんの危険因子である高脂肪食や運動不足が、がんの再発を高めるという報告があります。動物脂肪などの摂取を避け、適度に運動することが治療効果を継続させるために大切です。

いろいろな切除方法

観葉植物

直腸がんの手術はさまざまな方法で行われています。昨今は肛門などの機能をなるべく温存して行われる手術が主流になっていて、術後の生活の質が保たれています。技術は発展していても早期の発見、早期の治療が一番大切になってきます。

詳しくはコチラ

肺の病気

女性

肺がんになると咳、呼吸困難、息切れ、体重減少、痰などの症状が現れるようになるのです。初期の段階では気づきにくいため、発見された時は病気の進行が進んでいる場合も多いのです。食べ物、運動などによって予防することもできるでしょう。

詳しくはコチラ