大腸がんの治療を受けよう|早期回復の道しるべ

病院

いろいろな切除方法

観葉植物

機能を温存

直腸がんは手術をする方法によって生活の質に変化が起きてきますので、いろいろな工夫をして行われています。以前ですと直腸がんの手術は肛門、直腸を切除してS状結腸を外に出して人工的に肛門を作成していました。昨今では手術の後の生活を考慮して諸機能を切除しないで、残しながら行う手術が主流になっています。早期の直腸がんを対象にした局所的な切除、肛門を温存した手術、排尿機能を残した手術などいろいろな手術が行われてきています。ごく早期の直腸がんで肛門から近い場所にできているのなら、開腹手術をしないで肛門から局所的に部分切除をしてしまいます。肛門の機能を残すために肛門括約筋の温存を図って手術をする方法なども行われています。

新しい技術

最新の手術も直腸がんでは行われています。肛門の近くにある早期のがんに対して、肛門から太い直腸鏡を入れてその筒の中に電気メスを入れてがんを切除するTEM。多少進行したがんで粘膜の切除が困難な時に行われる後方切除、腹腔鏡でリンパ節にまで広がってしまったがん細胞を切除してしまう、腹腔鏡下切除など最新鋭の技術で手術を行っています。定期的な健康診断や潜血検査のおかげで早期の直腸がんの発見が多くなってきています。このことからさまざまな手術の選択肢が広がっていくものと考えられています。そして今後は半数以上の直腸がんの手術が腹腔鏡下切除で行われるものと考えられています。いずれにせよ早期の発見、早期の治療が大切になってきます。